ここから本文です

「ドクター・ストレンジ」香港でファンイベント、日本では前売り券に行列500人

映画ナタリー 10/14(金) 12:16配信

マーベル・スタジオ最新作「ドクター・ストレンジ」のファンイベントが、10月13日に香港の香港カルチャーセンターにて開催され、主演のベネディクト・カンバーバッチ、ティルダ・スウィントン、監督のスコット・デリクソン、プロデューサーのケヴィン・ファイギが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

マーベルコミックを原作とした本作では、不慮の事故で両手に大けがを負った元天才脳外科医のスティーヴン・ストレンジが、壮絶な修行や敵との死闘を経て魔術師ドクター・ストレンジへ生まれ変わっていくさまが描かれる。

本作の重要なシーンになっている香港。このイベント会場には、約3000人のファンが集まった。レッドカーペットに立ったカンバーバッチは、「素晴らしい。興奮しているよ。暑いね。こんなにファンが集まって喝采を送ってくれることに感謝しているよ」とコメント。映画については「ストレンジの旅は常識を超えているんだ。もともと僕が想像していたものとまったく違っていて、とても楽しめる部分がたくさんあると思うよ。気に入ってくれるとうれしいな」と述べる。

そして日本のファンへのメッセージを求められたカンバーバッチは、「こんにちは」と日本語で挨拶し、「映画を観に来てね。絶対気に入ると思うよ」とアピール。最後も「ありがとうございます」と日本語で締めくくる。またストレンジの師であるエンシェント・ワン役のスウィントンも、日本のファンへ「この映画を見せるのがとても楽しみ。この映画のことをとても誇りに思っているの」と話した。

本作のファンイベントは世界36の国と地域で開催されたが、日本では10月13日に東京・TOHOシネマズ 新宿にて実施。この日は1日限定で特別前売り券が販売されることから、新宿のシネシティ広場には全国より500人以上のファンが駆け付けた。発売時刻の18時には、カウントダウンの掛け声が起こる。そして行列の中から先着170人がファンイベントへ招待され、15分間の特別映像をIMAX上映で楽しんだ。

「ドクター・ストレンジ」は2017年1月27日より全国ロードショー。



(c)2016MARVEL

最終更新:10/14(金) 12:16

映画ナタリー