ここから本文です

織田裕二&石黒賢、「振り返れば奴がいる」伝説のコンビ再び!

シネマトゥデイ 10/14(金) 20:44配信

 俳優の織田裕二が14日、都内で行われたTBS系連続ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」完成披露試写会に登壇し、1993年の大ヒットドラマ「振り返れば奴がいる」で共演した盟友・石黒賢との劇中のやり取りを「戦い」と評し、存分に追いつめたことを充実した顔つきで明かした。この日は、土屋太鳳、ディーン・フジオカも来場した。

【写真】織田裕二&ディーン・フジオカ、究極のイケメン2ショット!

 本作は、あらゆる学問を探求する法門寺家の末裔で、現89代目当主・沙羅駆(しゃらく)(織田)が、嫡子だけに受け継がれる異能“IQ246”を武器に、世にはびこる難事件を鮮やかに解決する本格ミステリー。

 「あぁ、暇だ暇だ」が口癖で、現実にはあり得ないIQを持つ沙羅駆役について、織田は「オファーがあった時は面白いと思ったけど、真面目に考えれば考えるほど胃が痛くなった」と述懐。貴族でもあるため、「普段お目にかかれないことばかりで、役作りに悩んだ」とも打ち明けるが、撮影を重ねるごとに「IQが高いというのはコンピューターでいうとハイスペックなだけ。どういうデータを入れるかが大事」と気付いた時に「何かが見えた」そうで、「期待して見てください」とアピールした。

 各話のゲストキャストも見どころで、初回は石黒賢がCMクリエイティブディレクター・早乙女伸役で登場。織田と石黒は、天才外科医・司馬と正義漢の医師・石川との対立を描いたテレビドラマ「振り返れば奴がいる」で共演している。他作品でも共演しているが、本ドラマは名作としてファンの記憶に残っており、それに関して織田は「とても光栄なこと」としみじみ。そして、「当時25歳で、そこから同じくらいの歳を重ねて大人になった2人の、当時はできなかったこと、今ならわかることが端々に出ていたんじゃないかと感じながら戦いを楽しんでいました」と感想を吐露。また、石黒を「先輩で、度量の大きな方」と称えると、「僕は追いつめる時は徹底して追いつめるので、安心して追いつめることができました」と満足そうな表情を見せた。(取材/錦怜那)

TBS系連続ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(毎週日曜・午後9:00~)は10月16日スタート(初回は20分拡大放送)

最終更新:10/14(金) 20:44

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]