ここから本文です

産業用ロボットを自律的に走行させる---日立製作所など開発

レスポンス 10/14(金) 13:00配信

日立製作所と日立プラントメカニクスは、専用レールや移動ガイドが無くても、産業用ロボットを自律的・高精度に走行させることが可能な産業用ロボット自律走行装置「HiMoveRO(ハイモベロ)」を開発し、販売開始した。

新開発「HiMoveRO」は、固定して使用されることが多い産業用ロボットを自律走行させることで作業範囲を広げ、1台で複数の作業を行えるロボットで、生産性の向上が図れるとともに、生産・物流現場の頻繁なレイアウト変更にも柔軟・迅速に対応できる。

開発に当たってはカワダロボティクス製双腕ロボット「NEXTAGE」を搭載し、「HiMoveRO」の動作性能を確認した。日立と日立プラントメカニクスは、「HiMoveRO」に搭載する産業用ロボットの選定や仕様決定を含めたシステムインテグレーションから設計、調達、製造、導入、アフターサービスまでを一括で対応、主に電子・半導体工場の生産ラインや物流施設のピッキングラインなどに向けて販売していく。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/14(金) 13:00

レスポンス