ここから本文です

DeNA連敗で崖っぷち…奇跡4連勝へラミレス監督「アシタカラネ」

デイリースポーツ 10/14(金) 9:00配信

 「セCSファイナルS・第2戦、広島3-0DeNA」(13日、マツダスタジアム) 

【写真】ブレーキ…8打数1安打の筒香「勝つしかない」

 2夜続けて、自慢の打線が沈黙した。1点が、ホームが遠かった。DeNAが屈辱の連続完封負け。「きょうはいいゲームができると思った。打線は振れていたが、それ以上の投球をされた」。ラミレス監督は敗因を語った。

 貧打解消へ、打順を組み替えた。梶谷を5番に置き、2番に石川を抜てきした新打線。だが、つながりを欠いた。無死から走者を出した四、五、六回、いずれも強行策は裏目。指揮官は「2点負けているところでバントは考えていなかった」と説明した。

 ターニングポイントは五回だ。無死一塁で8番戸柱が投ゴロに倒れて1死二塁。ここで三嶋に代打を送らず、そのまま打席に立たせ、一ゴロに倒れた。「戸柱が出て走者が2人になったら、代打下園を考えていた。走者が1人だったから」。早めの勝負手を打つことはなかった。

 試合前、1つの言葉を口にした。「ミウラサンが(練習日に)着ていたTシャツに『IT AIN’T OVER,TIL IT’S OVER(終わるまで、終わらない)』と書いてあった。諦めず下を向かず、最後まで戦い抜こうという気持ち」と全員の思いを強調していた。

 後がなくなった。「アシタ。アシタ。アシタカラネ」。バスに向かいながら、日本語で誓った。背水の陣から、逆襲に転じてみせる。

最終更新:10/14(金) 9:13

デイリースポーツ