ここから本文です

マツダ 福原常務「改良4車種で11月に国内販売を反転へ」

レスポンス 10/14(金) 14:27配信

マツダの国内営業を担当する福原和幸常務執行役員は10月14日、横浜市の同社研究施設で記者会見し、改良モデルの拡充を機に「11月から販売台数を前年超えとし、反転させていきたい」と述べた。

[関連写真]

マツダは同日、『デミオ』と『CX-3』の大幅改良モデルを発表した。車両運動制御技術の「G-ベクタリングコントロール」の標準搭載や安全技術装備の充実などを図った。

発売はデミオが11月17日、CX-3が11月24日で、いずれも14日から予約を始めた。
これにより、7月に発売した『アクセラ』から始めた大幅改良モデルは、『アテンザ』を含めて4モデルとなった。

福原常務は「当社の一括企画による開発手法により、わずか3か月で4車種に最新技術を投入できた」とし、11月からの反転攻勢によって「次の成長フェーズに入っていきたい」と強調した。

これら4モデルは、今年度上期の国内販売の76%を占める主力商品群。マツダの国内販売は、新モデル効果が一巡した15年10月から前年同月割れが続いている。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:10/14(金) 14:27

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。