ここから本文です

「Android 7.1」の正式版は12月上旬に一部のNexus端末に提供へ

ITmedia Mobile 10/14(金) 12:42配信

 米Googleは10月11日(現地時間)、「Android 7.1 Nougat」の正式版を12月上旬にリリースすると発表した。

【その他の画像】

 このアップデートでは、セキュリティ問題やバグの修正の他、「Daydream」のサポート、アプリショートカット、イメージキーボードのサポートなどの新機能が追加される。

 Googleのオリジナルブランド端末で正式版Android 7.1にアップデートできるのは、以下のモデルのみだ。

・PixelおよびPixel XL*
・Nexus 6
・Nexus 5X
・Nexus 6P
・Nexus 9
・Nexus Player
・Pixel C*
・Nexus One*

(*は日本で未発売)

 PixelおよびPixel XLには既にAndroid 7.1がプリインストールされている。Pixelシリーズでは専用ローンチャーやGoogleアシスタントが利用できるが、これらはPixel専用機能であり、Nexusシリーズでは利用できない。米Android Policeが入手したチェンジログによると、この他にもストレージの容量を調整する「スマートストレージ」機能など、多数の機能がPixelでのみ機能するようだ。

 Nexusシリーズでも利用できるようになる機能として、Googleはアプリショートカットとイメージキーボードを紹介した。アプリショートカットは、アプリ開発者が対応すれば、ホーム画面のローンチャーに最高5個のショートカットを追加できる機能。例えばメッセージングアプリであれば、よく会話する相手との会話ページをショートカットとして登録できる。イメージキーボードは、ステッカー(スタンプ)やGIFアニメなどをキーボードから入力できるようにする機能だ。

 Daydream ModeはNexusシリーズにも来るようだが、Nexus 6Pを含むすべてのNexusシリーズは「Daydream Ready」ではないので、11月発売予定の「Daydream View」には対応しないもようだ。

最終更新:10/14(金) 12:42

ITmedia Mobile