ここから本文です

講談社が一迅社を完全子会社化

コミックナタリー 10/14(金) 13:02配信

講談社と一迅社は、株式譲渡契約について基本合意に達したと発表。講談社が一迅社の全株式を取得し、一迅社を完全子会社化することが明らかになった。

講談社は「今回の決定により、コミックジャンルにおいて両社の強みを活かし、シナジー効果を発揮して、漫画市場の活性化に大いに寄与していくものと確信しております」とコメント。本日10月14日に、都内にて本件についての記者会見を行う予定だ。

一迅社は1992年に設立された出版社。月刊コミックZERO-SUM、月刊Comic REX、まんが4コマぱれっと、gateauの月刊誌4誌、コミック百合姫、Febriの隔月刊誌2誌のほか、ふじた「ヲタクに恋は難しい」、峰倉かずや「最遊記RELOAD BLAST」、なもり「ゆるゆり」など多くのマンガやライトノベルを刊行している。

講談社 概要
代表者:野間省伸(社長)
設立:1909年(明治42年)11月
資本金:3億円
従業員数:906名(2016年10月1日現在)
売上高:1168億円(第77期=2014年12月~2015年11月)

一迅社 概要
代表者:原田修(会長)、杉野庸介(社長)
設立:1992年(平成4年)8月
資本金:1000万円
従業員数:95名(契約社員を含む:2016年10月1日現在)
売上高:44億円(第25期見込=2015年8月~2016年7月)

最終更新:10/14(金) 13:02

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]