ここから本文です

「WEBCAS e-mail」がマーケティングオートメーション「xross data」と連携

ITmedia マーケティング 10/14(金) 13:13配信

 インターネットを活用したマーケティングソリューションを提供するエイジアは2016年10月12日、同社のメール配信システム「WEBCAS e-mail」において、セランが開発したクラウド型マーケティングオートメーションツール「xross data」と連携したと発表した。

 xross dataは、カート放棄した顧客へのリターゲティングや商品閲覧リマインド、会員登録後の未購入のユーザーに対するフォローなど、行動ログを組み合わせた効果の出やすい施策を簡単に試せるクラウド型サービス。タグの設置だけで、行動ログから顧客を自動的にデータベース化し、さまざまなセグメント条件を設定して即座にターゲットリストを生成できる。

 今回の連携でWEBCAS e-mailから、行動分析に基づいたリターゲティングメールを自動配信できるようになる。具体的には、カート放棄商品、お気に入り登録商品、商品閲覧履歴のリマインドメールや、会員登録後、未購入の会員に対してのフォローメールなどを配信できる。

最終更新:10/14(金) 13:13

ITmedia マーケティング