ここから本文です

金子貴俊、運動会に超望遠カメラ 千秋ドン引き「うちならつまみ出される」

デイリースポーツ 10/14(金) 11:35配信

 俳優の金子貴俊(38)が14日、フジテレビ系「ノンストップ」に生出演し、子供の運動会で活躍した望遠レンズ付きのカメラを披露。千秋ら女性出演陣をドン引きさせた。

 番組では、子供の運動会で起こる夫の格付けについて議論。金子も父親として、先日子供の運動会を観戦したばかりだという。

 そこで使用したカメラだが、金子が写真で見せたカメラはプロカメラマンが持つような望遠レンズ付きの高級カメラ。以前、アフリカへ行った時に野生動物を撮影するために購入したものだという。

 MCのバナナマン設楽統も「こんなすごいの持ってるの?」と驚くほどで「これだと離れていてもすっごいきれいにバストアップでばっちり撮れる」と鼻高々。

 設楽は「望遠すぎない?」と突っ込んだが「子供の思い出をきれいに撮るためですから。200メートル以内なら(きれいに)撮れると思います」「ここまでのもの(カメラ)を持っている人はほぼいない。いても1人か2人」とコメントした。

 これを受け、千秋は「うちの学校なら、こんなカメラ持っていたらつまみ出される。マスコミかと思われて。ここまでのカメラ持っている人はいない」とどん引き。更に千秋は「肉眼で見てあげて欲しい。その瞬間はそのときしかないよ」と訴えたが、金子は「ずっとファインダー見ている訳じゃない。肉眼でも見て、ここぞっていうときに(撮影する)」と反論。「愛情です」と訴えていた。

 金子は2008年に元タレントの女性と結婚、同年に長男、2012年に長女が誕生している。

最終更新:10/14(金) 11:38

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]