ここから本文です

タニタがミニ四駆用の“体重計”を発売…0.1g単位の高精度

レスポンス 10/14(金) 16:29配信

タニタは、タミヤとコラボレーションしたミニ四駆スケール「KD-192-TM」を10月17日に発売する。

[関連写真]

ミニ四駆のチューニングで重要なファクターとなるのが、車体やカスタムパーツの「重量」のコントロールだ。スピードや旋回性能の向上には、車体やパーツを削ったり、より軽いパーツに交換したりするなどの軽量化が必要。同時に、重心や前後左右のバランスを崩してしまうとコーナーを曲がり切れなくなってしまうため、パーツごとの重量バランスを取る必要もある。

新商品は、こうしたミニ四駆のセッティングニーズに、0.1g単位の高精度計量で対応。計量皿にはシリコーンゴムカバーが付いており、計量時に車体を安定させやすくしているほか、裏返せばトレー状になるため、転がりやすい小さなパーツの計量も安心だ。デザインにもこだわり、計量皿にタミヤのロゴマークをあしらったほか、操作ボタンをギアやボルトなどミニ四駆のパーツをモチーフにするなど、ミニ四駆の世界観を再現している。

価格(税別)は3500円。ミニ四駆ファンをターゲットに、タニタオンラインショップのほか、タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店(東京都港区)、静岡ホビースクエア(静岡県静岡市)、タミヤショップオンラインで販売する。

なお、今回のコラボは、ツイッターのタニタ公式アカウントが社内サークル「タニタ・ミニ四駆クラブ」の様子をツイートしたことを機に、タミヤ公式アカウントとの接点が生まれて実現したもの。タニタでは、同商品の発売をきっかけに今後も同社との連携を深め、新たな市場の開拓に取り組んで行く。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/14(金) 16:29

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。