ここから本文です

「冒険王ビィト」バロン編完結!10年ぶりの新刊は11月に

コミックナタリー 10/14(金) 14:31配信

三条陸原作による稲田浩司「冒険王ビィト」の「バロン編」が、本日10月14日発売のジャンプSQ.CROWN 2016 AUTUMN(集英社)にて完結を迎えた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「冒険王ビィト」はヴァンデルと呼ばれる魔人が跋扈する「暗黒の世紀」を舞台に、魔人を退治するヴァンデルバスターの少年ビィトの活躍を描く冒険譚。月刊少年ジャンプ2006年9月号(集英社)より長らく休載が続いていたが、ジャンプSQ.CROWN 2016 SPRINGにて連載が再開していた。

また今号のジャンプSQ.CROWNでは、「冒険王ビィト」の今後について「冒険続闘」「2017春続報を待て!!」との告知が打たれた。なお「冒険王ビィト」10年ぶりの新刊となる単行本13巻は、11月4日に発売される。

最終更新:10/14(金) 14:31

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]