ここから本文です

和田アキ子、がん体験振り返り麻央へエール ブログ発信が「薬になる」

デイリースポーツ 10/14(金) 14:16配信

 歌手の和田アキ子が14日、フジテレビ系「バイキング」に生出演し、自身のがん体験を振り返りながら、乳がん闘病の様子をブログで公表しているフリーアナウンサーの小林麻央へ「(ブログに寄せられる)みんなの応援がいい薬になっていると思う」とエールを送った。

 番組では、麻央が念願だった子供たちの運動会を観戦できたことをブログで報告したことに触れた。これを受け、コメントを求められた和田は「私も結婚して2カ月で子宮がんになったんですけど…。35年前かな」と切り出した。

 当時はもちろんネットやブログはないため、情報も入りづらい状態で「がんイコール死ぬというイメージだった」。和田は子供が大好きだったことから、「それでなくても男みたいと言われていて、子供を産むことだけが夢だった。いっぱい産んでちゃんと育てるというのを目標に結婚した」というが、まさかの現実に「死んでしまいたいぐらいショックだった」と切ない表情で振り返った。

 麻央は自身のブログでがんの進行は「ステージ4」だと明かしているが、和田はブログで発信することで「気が紛れたり、彼女の気持ちを分かってくれる人がいたりする。これが麻央さんの薬になっていると思う」と、外部とつながることで精神的に好影響があるのではと指摘。

 和田自身も闘病中は「治るという気持ちが有効な薬になる」と医師から言われていたと振り返り、「みんなの応援を感じると、ものすごくいい薬になっていると思う」と話し、「頑張って欲しい」と呼びかけていた。

最終更新:10/14(金) 14:20

デイリースポーツ