ここから本文です

ヤマハ YZF-R6 新型を北米で発売…9年ぶりのモデルチェンジ

レスポンス 10/14(金) 20:45配信

ヤマハ発動機は、排気量599ccのスーパースポーツ『YZF-R6』を9年ぶりにモデルチェンジし、2017年3月から北米で発売する。

[写真12枚]

新型YZF-R6は、サーキットやワインディングでの優れたパフォーマンスを引継ぎながら、走りの性能およびRシリーズとしてのデザイン進化を図った。

今回、ABSに加え、加速時に後輪タイヤの駆動力を効率よく引き出すTCS(トラクションコントロールシステム)を新たに採用。発進時などで後輪スピンの兆候を検知すると、点火時期・燃料噴射量・スロットルバルブ開度を統合制御し、滑らかな発進性・走行性を支援する。

足回りは、フロントフォークに現行のφ41mmに替えてφ43mm径インナーチューブの倒立式サスペンションを採用。現行『YZF-R1』と同型のフロントフォークをベースに専用セッティングを施し、適切な減衰力の発生とフロント接地感に貢献する。フロントブレーキにも、YZF-R1同タイプのパーツを採用。ディスク径をφ320mmにサイズアップし、モノブロック4ピストン・2パッド対向型キャリパーとニッシン製ラジアルマスタシリンダを組み合わせる。

そのほか、軽量アルミ製燃料タンク、優れた足付き性とフィット感を備える新シート、スリム設計の新作CFマグネシウムダイキャスト製リアフレームなどを採用した。

ボディは、次世代を示すR-DNA、凄みをまとった未来感、サーキットから街中まで場所を問わないエンターテイメントをキーワードにデザイン。新形状のLED ポジションランプなどによって、睨みをきかしたフェイスを形成している。さらに、新デザインのフロントカウル&スクリーンを採用。CdA値は現行比8%向上させており、サーキット走行での最高速性能に貢献する。

価格は1万2199米ドル(約126万8000円)。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/14(金) 20:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。