ここから本文です

「プラチナエンド」作業過程を垣間見れる、小畑健ラフ画集がSQ.CROWNに

コミックナタリー 10/14(金) 18:10配信

本日10月14日発売のジャンプSQ.CROWN 2016 AUTUMN(集英社)には、大場つぐみ原作による小畑健「プラチナエンド」より、小畑のラフ画集が付属している。

【この記事の関連画像をもっと見る】

11月4日に単行本最新4巻が刊行される「プラチナエンド」。ラフ画集は単行本と同サイズとなっており、小畑の作業の過程を垣間見ることができる。

このほか今号には星野桂の読み切り「妖の王re.」も掲載。同作はミラクルジャンプNo.14(集英社)に掲載された「妖の王」に加筆と修正を加えた1編だ。

最終更新:10/14(金) 18:10

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]