ここから本文です

DeNAエリアン2ランで先制、黒田は痛恨…広島無失点途切れる

デイリースポーツ 10/14(金) 19:08配信

 「セCSファイナルS・第3戦、広島-DeNA」(14日、マツダスタジアム)

 DeNAが7番に抜てきされたエリアンの2ランで先制した。

 四回、広島の先発・黒田は筒香、梶谷を打ち取り2死としたが、倉本を安打で出すと七番のエリアンへの4球目を痛打された。ライナー性の打球は右中間スタンド最前列へ。DeNAが、ファイナルSで初めて先制に成功した。

 広島は第1戦、第2戦とCS史上3球団目の完封勝利を収めていたが、このファイナルSでの無失点は21回2/3で途切れた。

 チームにCSファイナルS初得点をもたらしたエリアンは「打ったのはスライダーかカットボール。追い込まれていたので、どのボールにも対応できるようにした結果、コンパクトに振り抜くことができました。先制できてうれしいです。神様のおかげです」とコメントした。

 リーグ優勝のアドバンテージ1勝を持つ広島は、この試合に勝つか引き分ければ25年ぶりの日本シリーズ進出が決まる。

最終更新:10/14(金) 19:34

デイリースポーツ