ここから本文です

「B5サイズの電気自動車」予約開始――価格は12万8000円

EE Times Japan 10/14(金) 21:12配信

■電気自動車をカバンに入れて持ち運ぶ

 2016年10月21日は、“電気自動車をカバンに入れて携帯できる時代”の幕開けとなるかもしれない。

【カバンに入れて携帯できる電気自動車「WALKCAR」の画像へ】

 COCOA MOTORSは、同社が開発した"カバンに入れて携帯できる電気自動車"「WALKCAR」の一般予約を、国内外に向けて2016年10月21日13時(日本時間)より開始する。同社のオンラインサイトから予約できる。販売価格は12万8000円。2017年9月より、世界13カ国に向けて順次発送を開始する予定だ。なお、発送できる国については今後拡大させていく。

 WALKERは、13型ノートPCと同等サイズという、信じられないほど小型の電気自動車だ。重さは2.8kg。最高で時速16kmでの走行が可能で、1回の充電で約60分間、走り続けることができるという。

 ハンドルもコントローラーもなく、重心を移動することで右折・左折する。ボディーから降りるだけで止まる。

 創業者の佐藤国亮氏は、大学時代に上京すると、クルマ中心の生活から電車と徒歩の生活に変わったという。その結果、行動範囲が狭まり、長時間歩くことも苦痛になった。そのため、クルマを携帯するという「Car in your bag」のアイデアを思い付き、5年前から独自のソフトウェア開発を始めた。2015年には多くの報道機関が取り上げ、話題を呼んだ。EE Times Japanでも、2015年8月に「「WalkCar」は乗り物の概念を変える?」で取り上げている。当時は、最高時速が10kmで、3時間の充電で最大12kmを走行できるとしていた。

最終更新:10/14(金) 21:12

EE Times Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。