ここから本文です

マーク・ザッカーバーグ氏の“自宅のAI執事”の声役にアイアンマンのロバート・ダウニー・Jr.が名乗り出る

ITmedia ニュース 10/14(金) 21:12配信

 「うちのAI Jarvisに声を与える時がきた。誰に頼めばいいと思う?」──。米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが10月13日(現地時間)、自身のFacebookでこう問いかけたところ、映画「アイアンマン」シリーズでアイアンマンことトニー・スタークを演じるロバート・ダウニー・Jr.が「すぐにでも受けるよ」とコメントした。

ロバート・ダウニー・Jr.のFacebookアカウント

 “うちのAI Jarvis”というのは、ザッカーバーグ氏が1月に発表した今年の個人目標である「アイアンマンに出てくるJ.A.R.V.I.S.(ジャーヴィス)のようなAI(人工知能)執事を自宅に構築すること」のAI執事のことだ。

 同氏は、音声による家電の制御ができるようになったと8月に報告している。

 ダウニーは「もしベタニー(アイアンマンシリーズでJ.A.V.I.Sの声を担当するポール・ベタニーのこと)がギャラをゲットしてそれをカンバーバッチ(11月に米国で封切り予定の「ドクター・ストレンジ」で主役を務めるベネディクト・カンバーバッチのこと)の選択に寄付するなら」という条件を付けているので、この思いつきが実現することはなさそうだが、アイアンマン本人の登場でコメント欄は大いに盛り上がった。

 ダウニー以外の他薦では、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ベタニー、アーノルド・シュワルツェネッガー、ニール・ドグラース・タイソン氏(天体物理学者だが、ドキュメント番組のホストなども務める)などの名前が挙がっている。

最終更新:10/14(金) 21:12

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]