ここから本文です

ゴリ、沖水・栽監督を演じ笑いなしで役作り 「一番つらい仕事だったかも」

デイリースポーツ 10/14(金) 20:09配信

 沖縄水産高校野球部元監督・栽弘義さんの人生を描いた映画「沖縄を変えた男」に出演したお笑いコンビ・ガレッジセールが14日、京都市内で行われた「京都国際映画祭2016」(16日まで)の上映会で舞台あいさつを行った。

 栽監督役で主演したゴリ(44)は「一番つらい仕事だったかも」と撮影を振り返った。厳しい指導で部員を鍛え上げた同監督の人柄を表現するため「緊張感を保つように、野球部員役の役者さんと距離を置いていた。一切、笑いのない現場だった」と明かした。

 体罰のシーンも多く「これを演じるには、現場でヘラヘラしていてはいけない。思い切り殴るので、NGも出せない」と、役作りのため厳しい雰囲気をキープしていたという。

 相方の川田(43)でさえ「こんなに笑わない相方を見たのは初めて。ずっと下を向いていたので、お腹が痛いのかな?と思っていたくらい」と、その変貌ぶりに驚いていた。

 ゴリは「栽監督は沖縄の偉人。監督の教え子も大勢、映画を見るでしょうから、ミスキャストと言われたくなかった」と役への思い入れを熱く語った。

最終更新:10/14(金) 21:44

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]