ここから本文です

【F1】ファンドーネに期待するホンダ

ISM 10/14(金) 14:06配信

 ホンダF1総責任者の長谷川祐介は、スーパーフォーミュラに参戦しているストッフェル・ファンドーネが、2017年にその経験を生かせると考えている。

 ファンドーネは現在、マクラーレンのテスト兼リザーブドライバーを務めており、来年、レースドライバーに昇格することが決定している。

 昨年、GP2シリーズのタイトルを獲得したファンドーネは今年、日本のスーパーフォーミュラにも参戦しており、ホンダエンジンを搭載するダンデライオンチームに所属している。

 長谷川は、ファンドーネの日本で働いている経験が来年のF1参戦に有利に働くことを期待している。

 「ファンドーネは、日本の文化や我々がどのように感じているか、また日本人とコミュニケーションをとることの難しさに馴染み始めた」と長谷川は語った。

 「それは我々にとっても非常に役立つと思う」

 「彼は素晴らしい人物で、非常に賢い。常に落ち着いており、特にバーレーンでそうだった」

 「新しいクルマにあっという間に適応したことに非常に驚いた。冬のテストに何度か参加していたものの、バーレーンは今年のクルマをドライブする初めての機会だったと思う。しかし、彼は本当に素晴らしい仕事をした」

 「彼が非常に優れたドライバーであるのはもちろんのこと、非常に冷静で安定もしている」

 ファンドーネは、今月の鈴鹿での最終戦を前に、スーパーフォーミュラで6位につけている。(情報提供:GP Update)

最終更新:10/14(金) 14:06

ISM