ここから本文です

広島凡ミス…できない振り逃げにつられ走者アウト

デイリースポーツ 10/14(金) 20:19配信

 「セCSファイナルS第3戦、広島-DeNA」(14日、マツダスタジアム)

 広島が痛恨のボーンヘッドで、チャンスをつぶした。

【写真】まさかの凡ミスに緒方監督の反応は…

 六回、先頭の田中が四球で出塁し無死1塁の場面で、続く菊池が空振りの三振に倒れた。ここで捕手がボールを前にこぼしていたことで菊池は振り逃げを試みようと一塁へ。それにつられるような形で田中は二塁へ走り出してしまった。

 だが、振り逃げは一塁に走者がいる場面では無死、1死では認められない。菊池は振り逃げをしようとしてはいけない、また田中は菊池が走りだしても、一塁から飛び出してはいけない局面だった。

 結局、捕手が送球し田中はタッチアウト。菊池も振り逃げは認められないため、そのままアウトと2死走者なしになってしまった。

 DeNAペースでつづく第3戦で、さらに流れを逃してしまいかねないプレーになった。

最終更新:10/14(金) 20:38

デイリースポーツ