ここから本文です

DeNA井納4連勝宣言「奇跡と言われるかもしれないけど…」

デイリースポーツ 10/14(金) 21:39配信

 「セCSファイナルS・第3戦、広島0-3DeNA」(14日、マツダスタジアム)

 引き分けすらできない土壇場で、DeNAが反撃の1勝を挙げた。先発の井納翔一投手が7回を3安打無失点に抑えて仕事を果たした。

【写真】広島に凡ミス『できない振り逃げ』につられて走者アウト

 井納は今回のファイナルSで絶好調の田中には第1、第2打席で安打を許したが、初回の2死一、二塁などの要所を締め、広島打線に連打を許さなかった。

 試合後のインタビューでは「チームとしては負けられないというのは、ファン、選手、分かってますけど、その中で悔いのないようにやろうとマウンドに登りました」と心境を吐露。広島自慢の上位打線のうち、田中以外の菊池、丸、新井、鈴木を無安打に封じ込め、「恐れて投げることはなく、強気で攻めました」と淡々とした口調ながらも胸を張った。

 だが、残る3試合で1度の引き分けすら許されないという崖っぷちにあることに変わりはない。井納は「追い込まれている立場で悔いのないように戦うだけだと思いますし、奇跡と言われるかもしれないけど、しっかりと(今日を含めて)4連勝して日本シリーズに行きたいと思います」と宣言した。

 広島はリーグ優勝のアドバンテージを含めて3勝、DeNAは1勝となった。成績が並んだ場合はリーグ上位の広島が日本シリーズに進出する。

最終更新:10/15(土) 0:10

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革