ここから本文です

ベビレ、バンもん!ら熱演「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」でレーベル50周年祝う

音楽ナタリー 10/14(金) 22:02配信

10月8日に東京・ニッショーホールにて、ポニーキャニオンのレーベル創立50周年を記念したイベント「ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭~PONY CANYON 50th Anniversary Special~」が実施された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

イベントのトップバッターを務めたのはベイビーレイズJAPAN。ステージに登場した林愛夏は「ポニーキャニオン、50周年おめでとうございます!」とレーベルを祝福した。彼女たちは「Ride On IDOROCK」「ワハハ」といったアップチューンを連投してライブ序盤のテンションを一気に引き上げる。またコラボコーナーでがんばれ!Victoryのメンバーをステージに呼び込み、バンドの演奏をバックに「ラリラリラ」を歌唱すると、客席からは無数の拳が上がった。

ベビレの面々をステージから送り出したがんばれ!Victoryは「WONDER JOURNEY」で轟音のバンドサウンドを届け、オーディエンスを圧倒する。さらにカバー曲として岩崎良美の「タッチ」をパフォーマンス。観客たちは体を揺らして彼女たちの演奏を楽しんでいた。その後登場したAnge☆Reveは、工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」をカバー。7人は息を合わせて往年の名曲を歌って踊り、ファンを魅了した。今年ポニーキャニオンからメジャーデビューしたばかりのマジカル・パンチラインは、グループの自己紹介的なナンバー「Magiかよ!? BiliBili☆パンチライン」でグループをアピール。さらにリーダーのレナがかつて在籍していたアイドリング!!!のヒット曲「MAMORE!!!」を5人で披露し、イベントを盛り上げた。

白いドレスに身を包んださんみゅ~は、黒いセーラー服を着たクロユリfrom夏の魔物とコラボステージを展開。両グループ合わせて11人がステージで肩を並べる中、彼女たちはさんみゅ~のデビュー曲である「くちびるNetwork」を歌い上げた。イベントの最後に登場したのは、今年5月にポニーキャニオンから“再メジャーデビュー”を果たしたバンドじゃないもん!。彼女たちは“再メジャーデビュー曲”である「キメマスター!」を歌い、オーディエンスのテンションに火を点ける。2曲目「HAPPY TOUR」ではメンバーの動きに合わせてオーディエンスが色とりどりのサイリウムを振り、一体感のあるパフォーマンスが繰り広げられた。

ライブの最後には、別会場のイベントに向かったベイビーレイズJAPAN以外のグループがステージ上に集結。彼女たちはおニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」で声を合わせ、会場内に盛大なシンガロングを響かせてライブの幕を閉じた。なおライブ終了後には出演者たちによる一斉握手会が行われ、各グループのメンバーは観客一人ひとりに感謝の気持ちを伝えていた。

最終更新:10/14(金) 22:02

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]