ここから本文です

田中芳樹×もとむらえり描く男装の佳人・花木蘭伝説「風よ、万里を翔けよ」

コミックナタリー 10/14(金) 22:31配信

田中芳樹原作によるもとむらえり「風よ、万里を翔けよ」の1巻が本日10月14日に刊行された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

月刊プリンセス(秋田書店)に連載中の「風よ、万里を翔けよ」は田中による同名小説のコミカライズで、ディズニー映画「ムーラン」などでも知られる花木蘭の伝説をもとにした作品。舞台は西暦611年、中国・隋末大乱の時代。老父に代わって男装して従軍することになった少女・花木蘭を待ち受ける運命とは。単行本の帯には田中が「荒れ狂う歴史の大河を渡ってゆく一輪の名花。その光景をぜひご覧ください!」とコメントしている。

1巻の発売を記念し、TSUTAYA、有隣堂、喜久屋書店、書泉・芳林堂書店、くまざわ書店ではモノクロペーパーが、こみらの!提携書店ではカラーイラストカードが購入者に配布される。数には限りがあるので、詳細は購入予定の各書店で確認を。

最終更新:10/14(金) 22:31

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]