ここから本文です

広島・緒方監督、走塁ミスに「あしたしっかり」 無得点も前向き

デイリースポーツ 10/14(金) 22:37配信

 「セCSファイナルS・第3戦、広島0-3DeNA」(14日、マツダスタジアム)

 日本シリーズ進出に王手を懸けて臨んだ広島が、DeNAに5安打完封負けを喫した。

 相手先発の井納が好投。攻略は難しかった。だが、投手が代わった八回には、2死満塁の好機を作った。惜しくも4番・新井が右邪飛に倒れたが、緒方監督は「なかなか打てなかったけど終盤、チャンスを作ってね。どんな形でも1点が入っていれば、おもしろい展開になったんじゃないかという思いはありますね」と前を向いた。

 ただ四回、鈴木が二盗を失敗。六回には無死一塁から菊池の空振り三振で、一走の田中が飛び出して二塁タッチアウトに。走塁面でミスが出ただけに「走者がどう判断したのか。誠也もあのタイミングで行ってはいけない。それはしっかりミーティングでも伝えた。反省を踏まえた中で、またあしたしっかり臨みたい」と気を引き締めた。

 CSファイナルS初黒星を喫したが、アドバンテージの1勝を含めて3勝1敗。指揮官は「後ろの投手もしっかりと投げ切ってくれた。攻撃も最後点は入らなかったけど、球場の後押しもあって1本出れば…という流れにも持っていけた。向こうもいいプレーをしているけど、こっちも気持ちでは全然負けていない」と前を向いた。

最終更新:10/14(金) 22:46

デイリースポーツ