ここから本文です

「GANTZ:O」初日挨拶で小野大輔「俺たちの好きなGANTZがここにある」

コミックナタリー 10/14(金) 23:08配信

奥浩哉原作によるフル3DCGアニメ映画「GANTZ:O」の公開初日舞台挨拶が、本日10月14日にTOHOシネマズ新宿にて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

舞台挨拶には加藤勝役の小野大輔、山咲杏役のM・A・O、西丈一郎役の郭智博、鈴木良一役の池田秀一、さとうけいいち総監督、川村泰監督が登壇。原作の中でも人気の高い「大阪編」を描く本作について小野が「いち役者としてもそうですけど、いち『GANTZ』ファンとしてありがとうと思いました。最初はどういう形になるか想像がつかなかったけど、観てみてああこれは『GANTZ』だって思えて、俺たちの好きな『GANTZ』がここにあるっていうのが本当にうれしかったです」としみじみと話せば、M・A・Oも「観終わってからも言葉が出ないくらいで、すごい素敵な作品だなって胸を張れる」と続ける。

原作連載時から同作のファンだったという郭は、自身とキャラクターの共通点を問われると「性格が屈折しているところですかね(笑)」とぽつり。出演が決まるまで「GANTZ」に触れたことがなかったという池田は「普段頼もしい役をやることが多いんですが、今回はそういったキャラクターとは違う小市民なおじさんをやらせていただいて勉強になりました。最初は『えっ、演じるのこのキャラクターか』って思ったりもしたんですけど(笑)」と語り、会場の笑いを誘う。

また「GANTZ:O」の3DCG描写やアフレコについて小野は「僕たちが演じる前に、モーションキャプチャという形で、役者の方々がすでに息を吹き込んでいる。洋画の吹き替えにも近いようで、やっぱりアニメーションのアフレコだし。まったく新しいジャンルを生み出してしまったのでは」と振り返る。作品に対するこだわりを問われた川村監督は「最初に加藤が転送されるパートとZガンの描写ですかね」、さとう総監督は「道頓堀の明るさです。冬の感じが出るといいねという話だったんですが、ロケハンに行ったのは真夏で」と語った。

なおイベントの後半には「GANTZ:O」の応援団として橋本マナミ、GENKING、リオ五輪レスリング女子48kg級金メダリストの登坂絵莉も登場。金メダルを手に壇上に登った登坂は、「ぬらりひょんと戦ってみたいですね。(ぬらりひょんは)棒立ちのことが多いので、私のタックルなら簡単に倒せると思います!(笑) どこが弱いかを観察しながら鑑賞させてもらいました」と独自の視点から分析する。最後に小野が作品を「『GANTZ:O』はきれいな映像と迫力の音楽で描かれていますが、作品に1番込められているのは、生きる人間の熱い魂です」とアピールし、舞台挨拶は幕を閉じた。

最終更新:10/14(金) 23:08

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]