ここから本文です

向井地美音、18歳のギャップをグラビアで表現 黒いビキニで大人の表情も

オリコン 10/17(月) 0:00配信

 人気アイドルグループ・AKB48の向井地美音(18)が、14日発売の『週刊ヤングマガジン』第46号(講談社)の表紙と巻頭グラビアに登場。さまざまなビキニを身にまとい、“カワイさ”と“大人っぽさ”のギャップを見事に表現した。

【画像】初選抜入り…笑顔で感謝のスピーチをする向井地美音

 6月発売の44thシングル「翼はいらない」でセンターに抜てきされ、第8回AKB48総選挙では自身過去最高となる13位にランクイン、11月16日発売の46thシングル「ハイテンション」でも選抜に入るなど、グループの次世代エースとして注目度急上昇中の向井地。今回のグラビアでは「等身大の18歳」と「ちょっと背伸びした18歳」の魅力を発揮した。

 ピンクや青のセクシーなビキニ、白いルームウェア風のキャミソールなど、爽やかなスタイルでは明るい笑顔やおどけない表情を見せながら、黒いビキニ姿になるとドキッとするような大人っぽい表情を浮かべる。そんな彼女の豊かな表現力を存分に楽しめるグラビアとなっている。

 また、同号の巻末グラビアにはモデルで歌手のやのあんな(24)が登場。小花柄のビキニに身を包み、バスト86・ウエスト60・ヒップ86センチのダイナマイトボディーを解禁し、さらに、胸元が大きく開いたトップス&M字開脚で大人の色気もアピールしている。

 巻頭カラー漫画は、原作:福澤徹三氏&漫画:薩美佑氏の『侠飯』。

最終更新:10/17(月) 9:04

オリコン