ここから本文です

千原ジュニア、師匠・板尾創路との共演に感慨も「気恥ずかしさあった」

オリコン 10/15(土) 14:51配信

 お笑いコンビ・千原兄弟の千原ジュニアが15日、京都市内で開催中の『京都国際映画祭2016』の上映作品『劇場版新・ミナミの帝王』舞台あいさつに登壇。同作で、長年にわたって交流のある板尾創路と久しぶりに共演を果たし、「25年くらい前に、板尾さんの後ろについてミナミの街をかっ歩していた、僕にとっての師匠ですから…」と喜びをかみしめた。

【画像】弟子のジュニアと共演した板尾創路

 そんな師匠と、互いに“役者”として顔を合わせることに照れもあったようで「2人にしかわからない気恥ずかしさみたいなのがありました。共演NGを出そうかなと思っていたくらいなんですけど、それくらい感慨深いですね」としみじみ。「次回やる時は(兄の)せいじと、ほんこんさんでやってくれたら」とそれぞれの相方を提案し、会場の笑いを誘った。

 一方の板尾も「ジュニアくんとやるのが、うれしいやら恥ずかしいやらで、久しぶりに一緒に(芝居を)やるっていう、変な感じがありましたね」とにっこり。「すごく楽しいエンターテインメントに仕上がっていると思いますので、たくさんの方に観ていただけたらいいかなと思います」と映画の魅力をアピールしていた。

 同作は、10日で1割を意味する“トイチ”の利子で金を貸し付けるが、担保も保証人も要求しないという金融屋・萬田銀次郎をジュニアが演じるドラマの劇場版。舞台あいさつにはそのほか、大東駿介、瑠東東一郎監督も登壇した。

最終更新:10/15(土) 15:06

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]