ここから本文です

木村祐一、月亭方正への取材で感涙「近い時代を歩んできた」

オリコン 10/16(日) 18:00配信

 タレントの木村祐一(53)が16日、京都市内で開催中の『京都国際映画祭2016』の上映作品『ワレワレハワラワレタイ/坂田利夫/NON STYLE/月亭方正 編』舞台あいさつに登壇。同作でインタビュアーを務めた木村だが、月亭方正(48)への取材中に感極まって涙を流したことを明かした。

【写真】ジャルジャルら舞台挨拶に出席した芸人たち

 その様子は映画本編にも収められているようで、木村は当時を振り返り「本当に泣いてしまいました。本当に近い時代を歩んできた、本当に少ない人数でしょっちゅう遊んで戦ってというね…」としみじみ。同席した月亭八光も「何か、本当に深いものを感じました」と感激した様子だったが、「(映像での)方正さんがリップを塗りすぎて、唇がテカテカになっていましたね」と笑わせていた

 同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐためにスタートさせたドキュメンタリー・プロジェクトの第1弾。木村が107組の芸人にインタビューを行い、芸人という“人生”に対する葛藤やプライドに迫る。

 舞台あいさつにはそのほか、ジャルジャル、ザ・プラン9のおーい久馬、ヤナギブソンも登壇した。

最終更新:10/16(日) 22:40

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]