ここから本文です

Hey! Say! JUMP知念侑李、夢は「嵐のバックで踊りたい」

オリコン 10/16(日) 15:03配信

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李が16日、東京・業平小学校で映画『金メダル男』(22日公開)公開直前起爆イベントに出席。小学生たちへ向けて“夢”について語った知念は、先輩グループ・嵐に憧れてジャニーズ事務所に入ったと振り返り、「嵐のバックで踊るのが夢だった。いまだにかなっていないので、今でも嵐の後ろで踊りたいなって思っている」と話した。

【写真】世界記録に挑戦も…倒れ込む木村多江&内村光良

 ウッチャンナンチャン・内村光良、共演の木村多江と共に小学生からの質問に答えた知念は、「3歳からダンスをやっていたので、嵐っていう先輩みたいになりたいって思った」と回顧。現在の道を選んだ理由について「ダンスを生かしてステージに立ってたくさんの人を幸せにしたかった」と語った。

 内村が初の原作・脚本・監督・主演を務める本作は、小学生の時に運動会の徒競走で一等賞を獲ったことがきっかけとなり、その後もあらゆるジャンルにおいて一等賞を目指すようになった男・秋田泉一の生きざまを描く物語。若き時代を知念が、大人になってからを内村がそれぞれ演じている。

 これまで思い描いてきた夢を聞かれた内村は「床屋さんになりたいとか、漫画家になりたいとかあったけれど、映画を作りたいって思った」と回顧。「なかなかできなくてお笑いの世界で頑張っているけれど、今はお笑いが大好き。自分にはこれしかないって思わない方がいいかもしれない。いつか自分がやりたいものが見つかるから、いろんな夢を持って挑戦したらいいと思います」と前向きなメッセージを伝えた。

 会場の業平小学校は、オリンピック・パラリンピック教育重点校、王貞治氏出身校と“世界No.1”に縁のある学校。イベントでは、3人が1分間で行う踏み台昇降の世界記録105回に挑戦。内村が65回、知念が92回、木村が60回と記録は破れなかったが、終わった後に倒れ込むほど本気で臨み、イベントを盛り上げていた。

最終更新:10/16(日) 15:11

オリコン