ここから本文です

KOC3位のかまいたち、キム兄の絶賛に大喜び「そんなところまで…」

オリコン 10/16(日) 13:21配信

 タレントの木村祐一(53)、お笑いコンビ・かまいたちが16日、京都市内で開催中の『京都国際映画祭2016』の上映作品『ワレワレハワラワレタイ/西川きよし/はんにゃ/チュートリアル 編』舞台あいさつに登壇。今月2日に行われたコント日本一を決める『キングオブコント2016』決勝戦で3位の好成績を収めた同コンビに対して、木村は「2本とも面白かったわー」と賛辞を送った。

【写真】舞台挨拶に登壇した芸人たち

 KOCで披露したネタ以外にも目を通しているという木村は「あの、電車でおじいちゃんに席を譲るやつも好きですよ。何か好きなんですよね」と絶賛。大先輩からの言葉に、濱家隆一が「そんなところまで知っていただいているんですか? 苦労して書いたネタなので、書いた甲斐があります」としたり顔で話すと、相方の山内健司がすかさず「いや、コイツは書いてないんです。完全に僕です!」とうれしそうにツッコミを入れていた。

 同作は、2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐためにスタートさせたドキュメンタリー・プロジェクトの第1弾。木村が107組の芸人にインタビューを行い、芸人という“人生”に対する葛藤やプライドに迫る。

 舞台あいさつにはそのほか、なだぎ武、品川庄司の品川祐、アジアンの馬場園梓も登壇した。

最終更新:10/16(日) 22:43

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]