ここから本文です

X JAPAN、PATA復帰で完全復活 新曲初披露に観客興奮

オリコン 10/15(土) 16:55配信

 X JAPANが14日、日本最大級のビジュアル系音楽フェス『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』(14~16日、千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホール)初日のヘッドライナーとして登場。1月に大腸憩室炎及び門脈血栓症で緊急入院していたギターのPATAがステージ復帰し、X JAPANが完全復活を遂げた。

【ライブ写真】無敵バンドにKISSのジーン・シモンズが参加

 開演から約12時間が経過した午後8時55分。X JAPANは激しい白煙と火柱が噴出するなか、いきなりエンジン全開で「JADE」からスタートさせた。

 PATAは1月15日に緊急入院した当初、ICU(集中治療室)で治療を続け、YOSHIKIによると「一時は生死をさまよっていた」ほど重症だったが、9ヶ月の活動休止を経てステージ復帰。98年にギターのhideさん(享年33)、11年にベースのTAIJIさん(享年45)を亡くしているだけに、メンバーもファンも思いはひとしお。YOSHIKIが「PATAも元気になって…」と紹介すると、会場は割れんばかりの拍手と歓声に包まれた。

 YOSHIKIは「ホントに心配かけやがって」と本音を漏らし、「みんな、言ってやって! 酒飲むな、タバコ吸うなって」と観客に協力をあおぐと、PATAは余計なことを言うなとばかりに胸の前でバツ印を作った。

 PATAの休養に伴い、3月11日に発売予定だった新アルバムは延期されたままだが、ドキュメンタリー映画『We are X』のために書き下ろした新曲を急きょ初披露するサービスも。Toshlは「さわりだけですけど、やってみたいと思います。歌えるかな?」と言いながらも、YOSHIKIのピアノ1本でワンコーラス歌い上げ、観客を興奮させていた。

 トリは「無敵バンド」と称し、この日の出演者がセックス・ピストルズの「アナーキー・イン・ザ・UK」を一大セッション。さらに、KISSのジーン・シモンズ(B)とL’Arc~en~Cielのyukihiro(Dr)が加わり、KISSの「ロックンロール・オールナイト」を披露するサプライズ。朝9時から14時間に及んだ21組の熱演を締めくくった。

 なお、同イベントは、3日間で総勢56組のビジュアル系バンドが集結し、10万人規模の観客を動員。初日は、YOSHIKIが86年に自ら設立したレーベル「エクスタシーレコード」に所属していたX JAPAN、LUNA SEA、LADIES ROOMらが88~92年まで開催し、バンドの枠を超えてセッションしていた伝説のイベント『エクスタシー・サミット』を24年ぶりに復活させた。

最終更新:10/17(月) 15:20

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]