ここから本文です

藤原竜也が再び夜神月に、『デスノ』新作で10年ぶり「衝撃の復活」

CINRA.NET 10/14(金) 22:35配信

映画『デスノート Light up the NEW world』に藤原竜也が出演していることが発表された。

【もっと画像を見る(3枚)】

藤原が演じるのは、2006年公開の実写映画『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』でも演じたキラこと夜神月役。『デスノート Light up the NEW world』への出演について藤原は、「10年経って、自分がこうして参加できるとは思っていなかったので、非常に楽しく演じさせていただきました」とコメントしている。

同作のプロデューサーを務める佐藤貴博は、「10年ぶりの新作プロジェクトの企画を開始する前に竜也クンには趣旨を説明したのですが、その時に『俺もまた夜神月やりたいなあ』とつぶやいたのを聞き逃さず、何とかして『月の復活』を実現させるべく試行錯誤を繰り返し、“衝撃の復活”に辿り着くことが出来ました。デスノートのルールは変更していません。では、どうして“キラ”が再び降臨するのか?ぜひ劇場で目撃いただければと思います」と語っている。

なお先日に、松山ケンイチがこれまでの実写映画版でも演じた名探偵「L」役で登場することが発表されていた。

10月29日から全国で公開される『デスノート Light up the NEW world』は、月とLの戦いから10年後の世界を舞台に、地上に存在する6冊のデスノートを巡る争奪戦を描く作品。キャストには東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香らが名を連ねている。

なお10月28日には日本テレビ『金曜ロードSHOW!』で『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』を再構築した特別編『デスノート 逆襲の天才』が放送。東出昌大演じるデスノート対策本部の捜査官・三島と、池松壮亮演じるLの後継者・竜崎の視点から月とLの戦いを振り返る入門編的な内容になるという。

■藤原竜也のコメント
『デスノート』は自分にとって大きな存在で、海外に行っても国境を超えて世界中の人たちが観てくださり、ひとり歩きして多くの人たちに受け入れていただいた作品です。10年前、松山ケンイチくんともこの作品で携わらせていただき、23歳という非常に良い年齢の時に贅沢な作品と出会えたと思っています。今回、新たなキャストの人たちと新たな物語で展開していくということは非常に面白いことだなと思いました。10年経って、自分がこうして参加できるとは思っていなかったので、非常に楽しく演じさせていただきました。

CINRA.NET

最終更新:10/14(金) 22:35

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]