ここから本文です

ポスコ建設が5年ぶり優勝。高校は富川北高が連覇! 韓国国体

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 10/14(金) 8:11配信

 韓国の国体にあたる「第97回全国体育大会」は10月13日、忠清南道禮山郡(イェサン)で一般・大学と高校の決勝2試合をおこなった。
 一般は2回戦で4連覇中の韓国電力を破ったポスコ建設と、今季創部1年目で初登場の現代グロービスが対戦した。試合は常に先手をうちトライを奪ったポスコが29-17(前半12-5)で制し、5年ぶりの優勝を果たした。
 高校は実力に勝る富川北高(プチョンプック)がこちらも全国初優勝を目指したミョンソク高を前半から圧倒し、44-5(前半27-5)と一蹴して連覇を達成した。富川は来年春のサニックスワールドユース大会に参加する。

時間がなくても「ポジティブに」。日本代表ジョセフHC、本格始動で熱血指導

 一般・社会人決勝。前半開始キックオフから現代がボールを奪いポスコ陣へ入った。2分にゴール前5メートルでスクラムを得るも、ポスコが守りゴールラインを越えることができなかった。13分、ポスコはスクラムからラックでつなぎ、右WTBユ・ソンヨンがトライラインを越え先制した(5-0)。現代も反撃の機会をうかがう。ポスコ陣22メートルでPKを得るとクイックでスタートし、左CTBムン・ジョンホが右中間へトライを奪い同点とした。
 そのまま一進一退が続くが、36分、ポスコは右ラインアウトから順目に展開を続け、最後はFBユ・ジェヒョックがファイブポインターに。ゴールキックはユが自ら決めて12-5で前半を終えた。

 後半も最初にポスコが得点する。10分、ユのPGで3点を加えた。ここから前半と同じく点を奪えない展開に。すると35分、現代はポスコ陣の反則からつなぎきり、FB朴グンソンがトライで10-15とし応援団を沸かせた。 2分後、ポスコがリスタートから一気に迫り、ポスト脇に左CTBユ・ジュンホンが飛び込み、ゴール成功で22-10へ。現代も粘る。39分にPRカン・テヒョン(2015年度までNEC)が中央へトライを奪い、再び17-22の射程圏に。しかし最後、ボールを確保したポスコがトライを決め、5連覇に華を添えた。

 ポスコの姜仁正(カン・インジョン)監督は「先、先を行けたのが良かった」と話した。元三洋電機の金光模(キム・グァンモ)コーチは「去年のワイドを広く使うシステムで現代のFW戦に対抗した」と、対策が功を奏した。
 現代・鄭三榮(チョン・サンヨン)監督は「選手たちは頑張った」と、創部1年目で準優勝した若い選手たちをねぎらった。

 高校は富川北高が個人スキル、チームのシステムも上回った。前半3分にあっさり右ライン際のパス交換でトライを奪った。16分には、この日1トライ5ゴール2PGの21得点を決めた右CTB金チャンデがトライラインを越えた。ゴールキック成功で17-0。さらに金のPGに1トライも加わり、27点を奪った。ミョンソクは24分に強みのFWが反則を得てラックを続け、1トライを返すのがやっとだった。後半も富川が3トライし、連覇を飾った。
 富川北高のユ・ジョンフン監督は「システムがうまく機能し、圧倒できた」と語った。

(文:見明亨徳)

最終更新:10/14(金) 8:11

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。