ここから本文です

バッファローマンにブロッケンJr 有田焼でキン肉マン箸置き

佐賀新聞 10/14(金) 10:35配信

 有田町の陶磁器卸、西富陶磁器が企画し、人気を集めた漫画「キン肉マン」のキャラクター箸置きの第2弾が登場した。初回に続き、キン肉マンソルジャーなど6種類を、職人の技で精巧に仕上げている。

 箸置きは同社取締役の西山哲朗さん(36)が、焼き物に興味がない人にも有田焼を手に取ってもらおうと、キン肉マンなど6種類を今年2月から売り出した。好評だったため、夏前から新たなキャラクターの開発を進めていた。

 今回はキン肉マンソルジャーのほか、バッファローマン、ブロッケンJr、ザ・ニンジャ、アシュラマンと、担当編集者として漫画に登場する「アデランスの中野さん」を取り上げた。今回もそれぞれ、色を付けない白磁と青一色の染付、カラーバージョンの赤絵の3つの技法で作り上げた。

 製作は同町の窯元、北川美宣窯が当たった。原作者の事務所と打ち合わせを重ね、染付と赤絵は色を入れる箇所などを精査して細部にわたって再現した。

 これまでは全国の百貨店を巡回する「有田の魅力展」と有田陶器市などのイベント、ネット通販だけの販売だったが、8日からはJR有田駅近くのカフェ「シンプルキッチン」でも売っている。また、同町の陶芸家、藤井錦彩さんが作った金彩を施したキン肉マンとプラチナ彩のロビンマスクの平盃(さかずき)もそれぞれ限定50個販売している。

 西山さんは「箸置き以外のアイテムも開発していきたい」と話している。問い合わせは西富陶磁器、電話0955(43)2239。

最終更新:10/14(金) 10:35

佐賀新聞