ここから本文です

【動画】阿蘇山爆発的噴火、10時間後の市内の様子と現地の声

AbemaTIMES 10/14(金) 17:00配信

(C)AbemaTV / 映像提供:8bitNews

熊本地震からもうすぐ半年。復興に向けて着実に歩みをすすめている。
しかし、そんなさなかに復興への影響が懸念される出来事が起きた。

今月8日、熊本の阿蘇山で爆発的噴火が起きた。
噴火から約10時間後、阿蘇市内に近づくと硫黄の匂いが強くなり、火山灰が降り積もった車などが見てとれた。
道路の電光掲示板には噴火警戒レベルが3に引き上げられたことに対しての注意を促す指示が表示されていた。
街の人は噴火の際の様子について「阿蘇山の高いところで30秒くらいずっと稲妻が鳴っていた。その時には噴火だとは分からなかった」と話す。
火山灰については「5分くらい経った時、濡れたような火山灰が雨と一緒に降ってきた」という。

被害が大きいと言われている一の宮に近づくと一気に街の様子が「灰色」に変わった。
白かったショッピングセンターの壁や道路の白線に灰が積もり、見ただけでは元の色を知ることはできない。

地元の人は「農作物がやられてしまう。」と嘆きの声をあげている。

最終更新:10/14(金) 17:00

AbemaTIMES