ここから本文です

「人の働き方を改善したい」 ティム・クックCEOが語ったAppleと日本

BuzzFeed Japan 10/14(金) 6:51配信

京都・伏見稲荷大社の千本鳥居の下を歩くAppleのCEOティム・クック氏。10月13日朝、彼の突然のツイートに日本のAppleファンは湧いた。日本語で来日していることを知らせたことに驚く人たち。クック氏は次にどこに向かうのか。2時間後、その答えが明かされた。【山光瑛美、古田大輔 / BuzzFeed Japan】

AppleのCEOティム・クックとお散歩。iPhoneで改札を通ってみた

京都の任天堂本社、iPhoneアプリ「スーパーマリオラン」で遊ぶクック氏。iPhone7を発表する際に同時に紹介されたこのゲームアプリは注目度が高く、12月末までに配信される予定だ。

日本の伝統的な観光地を訪れ、代表的なゲームで遊ぶ姿をアピールする。Appleがどれだけ日本市場に力を入れているかが、そこから見えてくる。

BuzzFeed Japanは今回のクック氏の来日に合わせ、単独でインタビューする機会を得た。待ち合わせ場所は東京・新宿駅。そこにも、Appleの日本重視の意図が見える。

13日午後4時。クック氏は、新宿駅新南改札の前に姿を現した。同行するのは、数人のみ。仰々しくなるのを好まないという本人の意向で、取材をする我々側も最小限の人数で来るようにお願いされた。

改札機に自身のiPhone7 Plus(色はジェットブラック)をかざし、駅の中に入るクック氏。10月末にも実用化されるApple Payのデモンストレーションだ。

日本のユーザーにとって、Apple Payの実用化はマリオ以上に大きなインパクト。このアピールも、今回の訪問の大きな目的の一つなのだろう。

この現場には、BuzzFeed Japanとともに取材を許されたごく少数のテレビスタッフもいた。カメラを構える我々の姿に、有名人の登場を予期していた人たちが数十人、人だかりを作っていた。

笑顔で手を振るクック氏。ただ、すぐに彼が世界で最も影響力のある企業の一つAppleのCEOと気づいた人は少ないようだった。

日本で絶大な人気と知名度を誇った先代のスティーブ・ジョブズ氏と比べるとメディア露出が少ないこと。そして、黒い長袖のシャツとジーンズというシンプルな服装(こちらはジョブズ氏と同様だ)は、超有名人という雰囲気を感じさせない。

彼の正体に気づいた人たちは「まじか」「すげぇ」と声をあげ、写真を撮る人も。クック氏は求められれば足を止め、気さくに応対していた。あまりにもざっくばらんな様子に、取材するこちらが、身辺警護は大丈夫なのかとドキドキするほどだ。

1/4ページ

最終更新:10/14(金) 8:06

BuzzFeed Japan