ここから本文です

よりパーソナライズ化へ、もっとショッパブルに。「DECODED FASHION TOKYO SUMMIT 2016」展示レポート

SENSORS 10/14(金) 15:00配信

10月11日、Tokyo American Clubで開催とされた、「Decoded Fashion Tokyo summit 2016」。国内外からファッション、テクノロジー、スタートアップが集まり最新のグローバルトレンドを語りあうセッションの裏では、同会場で企業ブースコーナーや、実店舗を模した展示、体験型ブースが賑わいを見せた。 展示取材で見えてきたのは、未来のショッピング体験。特にパーソナライズ、ショッパブルが色濃く見える展示となった。

キーワードはパーソナライズ、ショッパブル、サステナブル~ファッションの未来を探る「DECODED FASHION TOKYO SUMMIT 2016」レポート

■IMP ~Interactive Mannequins~

会場に入り、まず目についたのが、マネキンだ。人工知能テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛ける株式会社Nextremerがマネキンのデザインなどを手がけ株式会社七彩、早稲田大学メディアデザイン研究所とのコラボレーションで生まれたこの次世代マネキン。対話エンジンAI-Galleriaを搭載し、音声で人とのコミュニケーションを可能にした。また、人の音声データやセンサーで感知するユーザーの情報を蓄積し、ユーザー個人個人に最適な商品提案を行うことも可能となる。

消費者のパーソナライズ化が進む中で、“あなたのための接客“をテクノロジーを用いて行う必要に迫られている。今までイノベーションが訪れることがなかった“マネキン“が行うことで今後さらなる購買体験の向上に一役買うだろう。

■デクワス.CAMERA--Shazamの心地よさを購買体験にも--

続いて紹介するのが、サイジニア株式会社が手がける「デクワス.CAMERA」。音楽認識アプリ「Shazam」のファッション版といっても過言ではないだろう。日常生活や、雑誌上で気になる商品がある場合に、写真をとるだけで、人工知能がそのアイテム情報を特定してくれる。

それだけでなく、レコメンドされた商品がそれを購入できるECサイトの商品ページへ直接リンクされていて、そのまま商品を購入可能だ。デモでは、カジュアル衣料品などを手がける株式会社アダストリアの商品がレコメンドされていた。
今後はファッション分野だけでなく、グルメなどライフスタイル領域への進出を目論んでおり、今後が楽しみなサービスだ。本イベントのキーワードである「ショッパブル」がすぐそこまで来ている、と感じさせてくれる内容になっていた。

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 15:03

SENSORS