ここから本文です

西川美和監督、映画「永い言い訳」楽曲の裏側を語る!

TOKYO FM+ 10/14(金) 12:07配信

10月14日より全国ロードショー中の本木雅弘主演映画「永い言い訳」の監督・西川美和さんが、TOKYO FMの番組に出演。長年こだわって使っている文房具と、「永い言い訳」で使用した楽曲裏話を紹介してくれました。


映画「ゆれる」や「ディア・ドクター」などの名作で知られ、「永い言い訳」でも原作・脚本・監督をつとめている西川美和さんがこだわっているのは、ペンとノート。愛用の品が決まっているのに、最近、ショックなことがあったそうです。

「自分が長く使ってきたペンとノートというのがありまして。ペンのほうは、三菱のジェットストリームというボールペンです。0.7mmの黒いボールペンなんですが、非常に書きやすいですね。もう10年以上使ってるんじゃないかな。ノートのほうは、モノクロームというリングノートを使ってまして、表紙が非常に分厚い紙でできていて、立ちながらメモを取ったりしても書きやすいんですね。で、ゴムがついていて、表紙をゴムで止められる。中が方眼紙になっていまして、セットの図面に近いようなものも書いたりしますので、これも使い勝手がよくて。長年愛用してきたんですが、このたび製造中止になっていることがわかりまして、大変困っています、いま。どなたか似たようなものを作っていただいたり、販売していただいたりするといいなと。ご一報ください。よろしくお願いします!」

そんな西川監督がランチタイムに選んでくれたのは、最新作「永い言い訳」にまつわる3曲。曲を聴いてから劇場に行くと、それぞれのシーンへの思い入れも深まりそうです。

◆「調子の良い鍛冶屋」(演奏:Jorg Demus)
「この曲は何かといいますと、10月14日から公開になります私の新作『永い言い訳』という作品の、ある意味テーマ曲となっております。どういう場面でかかるかは、ぜひ劇場でご確認いただければと思います。この作品は小説を書いてから私が脚本に起こして映画を撮ったんですが、小説を書いているときから、何かいいテーマ曲はないかな?と探しているなかで出会った曲なんですね。ヘンデルという有名な作曲家がいますけど、ヘンデルが作曲した、非常に古い楽曲だと思います。ピアノ曲なんですね。非常にシンプルで可愛らしくて、作品を書いているときはずっと音楽を聴いているんですけれども、この曲をいちばん多く聴いたのではないかと思います」

◆「Rainbow Mist」(Coleman Hawkins)
「この曲も、私の新作『永い言い訳』を書いているときに聴いていたものです。オープニングで主人公の本木雅弘さんが演じられる小説家が、自分の家に奥さんの留守にのうのうと愛人を連れ込んで、自分の音楽の知識をひけらかすという、すごくいやらしいシーンがあるんです。そこでどんな曲を紹介してたらいいかなぁと思って、その曲をまるまるオープニング曲にしたかったんです。ただ映画には、悲しいかな予算枠というのがありまして、世界的に展開していこうと思うと大変な使用料がかかるということで、原曲を使うことは叶わず、ある部分で諦めたんですけども……これは(コールマン)ホーキンスのテナーサックスが大人っぽくて、いやらしくて、夜のムードもたっぷりで、素敵な曲だなと思ってました」

◆「We're A Winner」(The Impressions)
「この曲もやはり映画『永い言い訳』の、ラストシーンに近いところで、登場人物が一同に介して小さなパーティーを行うシーンがあるんですけど、そこで私が好きなブラックミュージック系から何かいいものはないかと探っていたときに、再発見して素敵な曲だなぁと思ってよく聴いていた曲です。これもコールマン・ホーキンスの曲同様、原曲を使うと大変なお金になってしまうということで、結局、イメージだけということになりましたけど、みなさんもウェディングパーティーなんかでかけるとすごく盛り上がるんじゃないかな?という素敵な曲です」

西川監督渾身の映画「永い言い訳」は、現在、全国公開中です。交通事故による妻の死を悲しめない小説家が、同じ事故で命を落とした妻の親友の遺族と交流を深めながら自己を再生していく、心に浸みるラブストーリー。「おくりびと」以来、7年ぶりに映画の主演を務めた本木雅弘さん、ミュージシャン兼俳優の竹原ピストルさん、深津絵里さんなど豪華キャストの熱演も話題を呼んでいます。映画「永い言い訳」の情報は、公式サイト(http://nagai-iiwake.com/)でご確認ください。


(西川美和さんは、2016年10月13日木曜日、TOKYO FMの番組「LOVE CONNECTION」のコーナー「STARBUCKS MUSIC BARISTA」に出演しました)

最終更新:10/14(金) 12:07

TOKYO FM+