ここから本文です

小室哲哉、ボブ・ディランのノーベル文学賞受賞を“予言“していた!? 1年前のツイートが話題

トレンドニュース(GYAO) 10/14(金) 19:11配信

米ミュージシャンのボブ・ディランが今年のノーベル文学賞に選ばれた。意外な受賞に世界中の注目が集まっているが、ミュージシャンの小室哲哉が1年前にこの結果を“予言“していたと話題になっている。

小室とつんく♂初共作。録音場面に鳥肌>>

スウェーデン・アカデミーは、ボブ・ディランに同賞を授与する理由を「アメリカの音楽の伝統において、新たな詩的表現を生み出した」と説明している。もちろんミュージシャンがノーベル文学賞を受賞するのは史上初で、“文学“の概念を拡大するような今回の受賞に世界中の注目が集まっている。

意外な選出に世間が沸くなか、小室は10月13日に「1年前らしい」と自身の過去のツイートをリツイート。当該ツイートは昨年10月10日に投稿されたもので、なんと「ノーベル文学賞、ボブディランに取って欲しい。いろんな事が起こる気がしてならない。何百万曲と風に吹かれてとか、転がる石にのようにとか使っているけれど、なかなか、ふとは、」というものだった。

ネット上では「小室が結果を的中させた」と話題になっており、1年前のツイートに対して、

「ノーベル賞取っちゃいましたよ!先生預言者すぎるwww」
「おお!願いが叶いましたね!」
「未来を見る力というか、時代の流れを読むことに長けているんだと思う。その能力は今でも健在」

といったリプライが続々と寄せられている。またTM NETWORKの楽曲「ELECTRIC PROPHET(電気じかけの予言者)」のタイトルにひっかけて、「流石、電気じかけの預言者ですね」とも言われている。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:10/14(金) 19:11

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]