ここから本文です

説明できる? 医学部、薬学部、歯学部、看護・医療技術系学部の違い

ベネッセ 教育情報サイト 10/14(金) 16:01配信

近年、資格志向の上昇や看護・医療技術系学部の新設など、看護・医療系学部や医・歯・薬系学部は注目されている。そこで、医学部、薬学部、歯学部、看護・医療系学部について、取得できる資格や授業料について確認しておこう。

「医療にかかわる仕事がしたい」。そんな時どんな基準で志望学部を決める?

医療にかかわる仕事に関連する学部でも医学部、薬学部、歯学部、看護・医療系学部では取得できる資格も携わる仕事内容も全く異なる。それぞれの仕事内容をしっかり確認しておかないと、大学入学後に「やっぱり違う学部の方がよかった」ということになりかねない。実際、これらの学部では、大学入学後や卒業後に違う学部を再受験する人が比較的多いのだ。
オープンキャンパスに行ったり、先輩に話を聞いたりするなどして、学部の違いをしっかり確認しておきたい。

授業料や難易度も確認しておきたいポイント

医療系学部の特徴の1つが、国公立大と私立大で授業料の差が大きいことだ。下の表にあるように、国公立大であれば、どの学部であっても授業料は変わらないため、国が定める標準額は535,800円。しかし、私立大医歯薬系統を見てみると、授業料で国公立大の5倍ほどと、差が大きいことがわかる。

そのほか、入試の難易度も確認しておこう。特に、国公立大の医学科は、どの大学も難易度が高く難関だ。気になる大学があれば、難易度や授業料などもあわせて確認しながら、志望大を決めていこう。



↓大学の難易度の確認はこちらのサイトで!
「志望大 きっと見つかる検索」

http://shinken.zemi.ne.jp/hensachi/index.php

文/進研ゼミ高校講座 受験情報担当 高山

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:10/14(金) 16:01

ベネッセ 教育情報サイト