ここから本文です

完全栄養食「ソイレント」のバーで具合の悪くなる人が続出

ギズモード・ジャパン 10/14(金) 19:10配信

未来の食料の前途は多難…。

生きるのに必要な栄養素を全て含み、これさえあれば他の食料は必要ないという謳い文句で登場した、完全栄養食の「ソイレント」。1ヶ月前、Soylent(ソイレント)はバー型の「ソイレント・バー」を発売しました。

これは「ソイレント2.0と同じ完全な栄養を、より軽く持ち運びやすい形で提供する」というコンセプトの元に開発されました(調査した科学者達によると、ソイレント2.0の含む栄養は完全ではないそうですが)。しかし、ソイレントのRedditページや公式フォーラムをみてみると、どうやら購入した人は取り込んだ「完全な栄養」をモドしてしまっているようです。

Redditのページのとあるスレッドはこう説明します。

“この掲示板の心気症(ノイローゼ)な投稿(例えば「左足中指の爪が黄色いのはソイレントのせいかな??」)には正直ちょっとうんざりだけど、バーを食べると食中毒みたいな症状が出るというのは、事例がどんどん増えているみたいだね…。
9月の初め、Food Barを食べて3、4時間後に激しく嘔吐した。それは数時間続いて、人生で最悪の嘔吐体験だったと思う。下痢はなかった。”

Food Barに関する別のスレッドでは、ユーザーの1人が食べる度に「1. あまりに気持ち悪くて吐かざるをえなくなって、その後に激しい下痢に襲われる、2. 吐き気はないけど制御不能の下痢に襲われる」という嬉しくない二択を迫られたそうです。スレッドは他にもあります。

ソイレントは現在まで公に衛生基準を違反したことはありませんが、「検出可能レベルの有害物質がある商品はパッケージに警告を記載せねばならない」というカリフォルニアの法律に違反したとして問題になりました。企業に対して社会的責任を啓蒙している非営利団体「As You Sow」は、ソイレント1.5に含まれている鉛の量が「カリフォルニアの安全基準値を12倍から25倍超えている」として訴訟を起こしました。

勿論、これはソイレント2.0ともソイレント・バーとも違う商品についてですが、ソイレントの商品の安全性が完全ではないことを示しています。この件のおかげで、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、食料品企業ではなくテック企業でありたいと考えるソイレントをどうモニタリングしているのか、という興味深い疑問が湧いてきます。

ソイレントがどういった基準をクリアしなければいけないのかは不明瞭ですが、パッケージにはこういった警告がついてきます。

「子供、妊婦、授乳している母親、妊娠する可能性のある女性はソイレント・バーを食べる前に医師とご相談ください」
Redditユーザーのrhaikhは「JUL17 1966」というコードがついたバーに問題があると仮説をたてました。「こいつはリコール対象だ」と彼は書いていて、ソイレントはrhaikhに返金したそうです。ところが、ソイレント公式フォーラムのユーザーBitBucketは「14JUL17 0716」というコードのバーでも嘔吐したと言い、最初にこの話題のスレッドを立てたRaylinghは、1ヶ月前にこの話題が出てから嘔吐の事例が21件になったとしています。

原因が何であれ、問題は特定のロットに限ったことではなさそうです。食料品を扱う際には避けて通れない危険性である、汚染の可能性もあります。例えば今年の初め、大腸菌が集団発生したため約4,500トンの小麦粉が回収され、人々は未だに症状に苦しんでいます。

ソイレントを愛して止まないRedditユーザーのpm_me_your_moodsは、「どうしてこの問題はFDA(アメリカ食品医薬品局)に報告されてないんだ? これは消費者の健康に関わる問題で、どんな企業だろうと受け入れられない」と嘆きました。ちなみに、FDAには食品に関する問題を報告できるページが設けられています。

そして今回の件に関し、米Gizmodoにソイレントから以下の声明が届きました。

“サポートに届いた情報から、ソイレントのバーを食べた方で消化不良や不快感を覚えたという報告がわずかながら存在することを確認しました。現在までに届いた苦情の件数は、実際の売上本数の0.03%以下です。件数は極々少数ですが、全ての加工調理済み食品には不耐症のリスクがあり、私たちは1つひとつの苦情を重く受け止めております。

バーの安全性と品質は、食料品業界の多岐にわたる基準プログラムで確認されています。まず原材料は、合格したサプライヤーのみから仕入れ、厳格な物質的、化学的、微生物学的基準を満たして分析認定を受けた材料のみを使います。次に生産は、徹底した食品安全、品質管理プログラムのもと、FDAの査察を受け、世界食品安全イニシアチブ(GFSI)の承認を受けた場所で行なっています。最後に生産されたバーは、さらなる微生物検査を受けた上で共同製造元から我々の倉庫に運ばれてきます。

報告を受けた後、お客様から残りを回収し我々自身で多くを食べてみましたが、体調を崩すことはありませんでした。また、再度微生物検査を依頼しましたが、結果は全て陰性でした。よって、我々はバーの安全性に大きな自信を持っています。

ごく少数の方が、大豆やスクラロース、または特定のミネラルやビタミンに対してアレルギーや不耐症、過敏症を持っている可能性があり、そういった恐れのある方は製品を摂取しつづける前に医師にご相談ください。”

米Gizmodoでは同じように、バーを食べて具合が悪くなった読者を募ったのですが、受け取った画像にはすべて賞味期限が2017年の7月14日とあり、その前後には似たような識別番号が書いてありました。

無論、識別番号が同じであったとしても、それはあくまで状況証拠でしかありませんし、ハッキリとした結論は出せません。ソイレントの声明を見るに、アレルギー反応である可能性もありますが、それも確実な証拠がありません。

米Gizmodoにコメントを寄せた読者の1人は、下の写真のバーを食べた後に緊急病棟に向かったそうです。

彼はバーが原因で2度具合が悪くなったと考えており、最初は9月27日でした。午後2時頃に食べた後、仕事から帰宅途中の4時45分に激しい吐き気に襲われ、2時間にかけて5回から6回嘔吐したそうです。

次は10月3日。(なぜ食べ続けようと思ったのかは謎ですが…)彼は昼頃にバーを食べた後、3時半頃に仕事のミーティング中に具合が悪くなり、1時間以内に5、6回吐いたそうです。また、腹痛があまりに酷くなり、視覚にまで影響し始めたのだそう。その後、彼の妻が緊急病棟に連れて行き、当初彼は盲腸を恐れていたのですが、結局吐き気と極度の脱水症状のみを治療されました。

「自分で歩けるようになるまでに3リットルの食塩水が必要でした。夜の9時ちょっと過ぎにようやく病院を出ました」と、彼は米Gizmodoに語ります。

2人目は8月28日にバーを注文し、以下の写真のバーの箱から2本食べました。すると次第に体調を崩し、大量の汗が出て嘔吐しました。

3人目は8月23日にバーを注文し、写真のバーを妻と一緒におやつ代わりに食べたところ、2人とも具合が悪くなったそうです。

彼によると、食べた数時間後に2人共嘔吐したそうです。「2人とも一晩中、腹痛と膨満感に苦しみました。次の日の朝には大分良くなっていましたが」と彼のメールには書いてありました。

また、Raylinghも吐き気を催したバーの写真を投稿し、パッケージには「14JUL17 1966」と印刷されていました。

例外として、公式フォーラムのユーザー、candleknightの報告によると、「1966」ではなく「1976」と印刷された、同じ賞味期限のバーを食べたところ救急車送りになったそうです。

ER(救急救命室)に担ぎ込まれた時には血圧が202/139(死ぬ可能性がある危険な高さ)に達しており、それから26時間の間、原因を究明し、脳卒中や危険な高血圧による動脈瘤がないことを確認するため、病院中のありとあらゆる機械に押し込まれ、全ての体液を検査のために採取されました。CTスキャンもMRIも問題はなく、脳にもダメージはありませんでした。容態が安定すると血圧も普通の状態まで下がって落ち着きました。今は100%大丈夫です。

箱のコード: B1-00CAR BEST BY 1976 14JUL17 0716

これらのコードにどういう意味があるのはまだ分かっていません。米Gizmodoはソイレントに現在問い合わせ中のようです。とりあえず、現時点で分かっているのは以下の3つです。

1. 米Gizmodoに報告して来た読者は全員、2017年7月14日が賞味期限のバーを食べた。
2. 問題のバーはどれも「B.B. 14JUL17 F1 1966」か「B.B. 14JUL17 F3 1966」と印刷してある。
3. 問題のバーが入っていた箱には「B1-00CAR BEST BY 1966 14JUL17 0716」と印刷してある。
ソイレントがバーを発売したのが8月なので、市場に出回ってまだわずかしか経っていません。これらから言えることは、賞味期限が2017年7月14日のバーを持っているなら、もしかしたら破棄するのが最善かも知れないということでしょう。

さらにBuzzFeedによると、ソイレント・バーを製造している、オレゴン州マクミンビルにあるBetty Lou'sは2014年以降FDAの査察を受けていないことが、FDAのオンラインデータベースから判明しました。記事によれば、ソイレント側は直近のFDA査察は2016年3月だったとしているそうです。

米GizmodoではFDAにコメントを求めましたが、ソイレントを調査しているのかどうかは明言しませんでした。ただ、FDAのスポークスパーソンは、体調を崩した人に消費者苦情係に報告するよう求めました。

新しいビジネスには障害がつきものですが、人の命に関わる以上「よくある」では済まされません。原因を徹底的に洗い出し、こういう事がないようにしてほしいですね。

H/T: @weeabo

Eve Peyser - Gizmodo US[原文1, 2]

(scheme_a)

最終更新:10/18(火) 11:12

ギズモード・ジャパン