ここから本文です

ラドバンスカが2回戦突破も準々決勝を棄権 [天津/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/14(金) 13:00配信

 中国・天津で開催されている「天津オープン」(WTAインターナショナル/10月10~16日/賞金総額50万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)がエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)を6-1 6-1で下した少しあと、右腿の故障を理由に準々決勝の棄権を表明した。

ラドバンスカがコンタを破り、今季3つ目のタイトル獲得 [チャイナ・オープン]

 ラドバンスカは今月の終わりにシンガポールで開催されるWTAファイナルズの前に、ケガを完全に回復させるための時間を得るために棄権したと話した。

「もうシーズン末だから、皆が何かで苦しんでいるのだと思うわ」と、ラドバンスカはWTAのウェブサイトに投稿したコメントの中で言った。

 ラドバンスカはロディナのサービスを5度ブレークし、自分のファーストサービスからのポイントはわずか4ポイントを例外にすべてを取った。先週のチャイナ・オープン優勝から始まって、彼女はここ8試合に連続で勝っている。

 ラドバンスカの棄権でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のペン・シューアイ(中国)が不戦勝で準々決勝に進むことになった。ペンは2回戦で予選勝者のチャン・カイチェン(台湾)を6-3 6-2で下していた。

 リオ・オリンピック金メダリストで第5シードのモニカ・プイグ(プエルトリコ)はララ・アロア バレーナ(スペイン)を6-4 6-2で倒して準々決勝に進出した。また、アリソン・リスク(アメリカ)はマグダ・リネッテ(ポーランド)を6-3 7-6(2)で下して準々決勝へ勝ち上がった。

 準々決勝の顔合わせは、ダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)対プイグ、ハン・シンユン(中国)対リスク、第2シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)対大坂なおみ(日本)となっている。

 大坂は1回戦でヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)を6-4 6-2で、2回戦ではルーシー・ラデッカ(チェコ)を6-2 7-6(4)で下して準々決勝に駒を進めた。(C)AP(テニスマガジン)

Photo:BEIJING, CHINA - OCTOBER 08: Agnieszka Radwanska of Poland returns a shot against Elina Svitolina of Ukraine during the Women's singles Semi Final match on day eight of the 2016 China Open at the China National Tennis Centre on October 8, 2016 in Beijing, China. (Photo by Etienne Oliveau/Getty Images)

最終更新:10/14(金) 13:00

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革