ここから本文です

電力を安定供給 自立型水素供給車公開/富山

チューリップテレビ 10/14(金) 22:32配信

 地震や災害が発生しライフラインが寸断されても安心です。

 再生可能エネルギーと水素を利用し電力を供給できる「自立型水素供給車(じりつがたすいそきょうきゅうしゃ)」が県内で、公開されました。
 この自立型水素供給車は電気メーカーの「東芝(とうしば)」が今年4月に開発したものです。
 車は、太陽光などの再生可能エネルギーと水素を利用して電力を生み出すため、地震や災害が発生しライフラインが切断した場合でもエネルギー供給が可能だということです。
 現在、車両は国内に1台しかないため、早期での導入は難しいものの、県では、今後、導入を検討していきたい考えです。
 この自立型水素供給車は15日から高岡テクノドームで開催される「とやま環境フェア」で展示されます。

チューリップテレビ

最終更新:10/14(金) 22:32

チューリップテレビ