ここから本文です

女性に暴行や抱き付き、容疑の高3を追送検 事件6件を確認/上尾署

埼玉新聞 10/14(金) 21:56配信

 埼玉県警捜査1課と上尾署の合同捜査班は14日、強制わいせつ未遂と暴行の疑いで、上尾市に住む県立高校3年の少年(18)をさいたま地検に追送検した。同課はこれまでに、強制わいせつや暴行事件など6件を確認、うち2件を追送検し捜査を終結した。

 追送検容疑は、今年5月28日午後10時20分ごろ、同市平塚地内の市道で、都内私立大に通う20代女性に、左手首などをつかみ転倒させる暴行を加えた疑い。その約25分後、同市大谷本郷地内の市道で、県内公立高校に通う10代女性の背後から抱き付き、わいせつな行為をしようとした疑い。

 同課によると、少年はアルバイトからの帰宅途中だった。自転車に乗って、女性に対し「ちょっといいですか」などと声を掛けたという。女性やその母親が110番した。防犯カメラの映像から少年の自転車が浮上。少年は「好みの女性を見つけ、キスしたいと思った」と容疑を認めているという。

 少年は今年7月に上尾市内で10代女性に対してキスをしたなどとして、強制わいせつの疑いで逮捕、再逮捕されていた。

最終更新:10/15(土) 1:10

埼玉新聞