ここから本文です

昨年準Vツォンガ 準々決勝敗退、2年連続4強ならず<男子テニス>

tennis365.net 10/14(金) 16:04配信

上海マスターズ

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は14日、シングルス準々決勝が行われ、昨年準優勝で第9シードのJW・ツォンガ(フランス)は第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、2年連続のベスト4進出とはならなかった。

この試合、ツォンガは第1セットの第1ゲームからバウティスタ=アグに4ゲーム連取を許す厳しい展開に。ブレークを1つ返すも、バウティスタ=アグの勢いを止められずこのセットを落とす。

続く第2セットでもツォンガは1度もブレークチャンスを掴めず、1時間12分で敗れた。

両者は今回が5度目の顔合わせで、ツォンガはバウティスタ=アグとの対戦成績を2勝3敗と負け越した。

世界ランク13位のツォンガは今大会、1回戦でF・マイヤー(ドイツ)、2回戦でJ・ティプサレビッチ(セルビア)、3回戦でA・ズベレフ(ドイツ)を下しての勝ち上がりだった。

昨年の上海マスターズでは大会初の決勝進出を果たし、N・ジョコビッチ(セルビア)にストレートで敗れるも準優勝を飾っていた。

一方、勝利した世界ランク19位のバウティスタ=アグは2014年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)以来となるマスターズ4強入りを果たした。

今大会は1回戦でB・トミック(オーストラリア)、2回戦でT・フリッツ(アメリカ)、3回戦でV・トロイキ(セルビア)を下しての勝ち上がり。

準決勝では第1シードのジョコビッチと予選勝者のM・ズベレフ(ドイツ)のどちらかと対戦する。

tennis365.net

最終更新:10/14(金) 16:04

tennis365.net