ここから本文です

高橋みなみ「男子ってダメね!」10代リスナーに恋愛指南

TOKYO FM+ 10/14(金) 18:00配信

高橋みなみさんが、10月12日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長、あしざわ教頭とともにリスナーからの相談に乗りました。

今回電話で話したのは、17歳、高2の男性リスナーです。2週間前に初めての彼女ができたものの、どのくらいの距離を保てばいいのかわからないと言います。付き合う前は普通に会話していたのに、今は照れてしまっている状況とのこと。次回のデートでは手を繋ぎたいと考えていますが、そのタイミングすら計れないというリスナーに、たかみなさんは何とアドバイスしたのでしょうか。

リスナー「テストが終わったら、一緒に猫カフェに行こうって話があって」

たかみな「カワイイ~!」

あしざわ教頭「猫カフェで良い雰囲気になって手を繋ぐって、ちょっとイメージは掴みにくいけど(笑)」

たかみな「(笑)」

とーやま校長「その後でも、チャンスがあればってことだよな?」

リスナー「そうです!」

とーやま校長「たかみな先生! 女子としては、そういう状態の時ってどうしたらいいですか?」

たかみな「正直、女子からはいけないじゃないですか。チューするにしても、手を繋ぐにしても、慣れてる風に思われるのもイヤだし。やっぱり、男子から来るのを待っていると思いますよ。ただ、タイミングのセンスが大事ですから」

とーやま校長「自分なりのプランはあるの? たかみな先生に診断してもらおう!」

リスナー「帰りの電車も一緒なんで、さりげなく肩を近づけてひとこと言って……」

たかみな「え!? なんて言うの?」

リスナー「“手つないでもイイ?”とか言って(手を繋ぐ方向に)持っていこうかなと」

たかみな「……ゼロ点!」

とーやま校長「えええっ! 俺は85点くらいかと思ったんですけど」

たかみな「ダメよ~! 男子ってダメね!! 電車で一緒に帰るっていうのはいいですよ。だけど、ひとことはいらないね。確認って自分が安心したいだけじゃない?」

あしざわ教頭「肩を寄せるのはどうですか?」

たかみな「これもいらないですね。電車で人が多い時ありますよね? その時に“危ないぞ”って意味で、彼女を守るために手を引くようにして繋ぐ。これだよ!」

リスナー「おお……!」

とーやま校長「電車っていうシチュエーションもそうだけど、街とかの人混みでもいいですよね」

たかみな「車道側を歩いてしまっている彼女の手を、スッと引っ張って“そっちは危ないよ”って言って、そのまま手を繋いだりとかね」

リスナー「それで行かせていただきます!」

とーやま校長「完全に門下生になったな(笑)」

この日は恋愛相談に関して、「(AKB48を卒業して)恋愛解禁ですからOKです!」と、正面から向き合って答えてくれたたかみなさん。番組の最後には、瀬戸内寂聴さんから聞いたという『若い時の傷はすぐ癒える』という言葉を、10代のリスナーに向けて送りました。
高橋みなみさんのファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』もリリースされたばかりです。ぜひ聴いてみてくださいね!

最終更新:10/14(金) 18:00

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]