ここから本文です

「ホフディラン」がボブ・ディランのノーベル文学賞を祝福「ご本人は『どんな気がする』』のでしょう?」

BuzzFeed Japan 10/14(金) 19:03配信

10月13日、ノーベル文学賞を授賞されたアメリカのフォークシンガー、ボブ・ディランさん。ディランさんからユニット名を取った日本のポップデュオ「ホフディラン」がBuzzFeed Newsに祝福のメッセージを寄せてくれました。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

【写真】ノーバン始球式じゃなかったアイドルたち

「ホフディラン」はワタナベイビーさんと小宮山雄飛さんによる2人組ユニットで、1996年にシングル「スマイル」でデビュー。ユニット名はワタナベイビーさんが保父の方とバンドを組んでいたこと、そしてディランさんに由来します。

ノーベル文学賞発表の13日、小宮山さんのTwitterアカウントにはファンからジョーク交じりに「おめでとう」「ついにノーベル文学賞受賞ですか」と祝福の言葉が寄せられました。

これに小宮山さんも「みんなお祝いメッセージありがと!セカオワのNakajin君に祝ってもらってます!」とリアクション。ノリノリです。

翌14日には小宮山さんはワタナベイビーさんとの2ショットをTwitterに掲載。
「みんな、沢山のお祝いメッセージホントにありがとうございます。 一夜明け、改めて二人で喜びを分かち合いました!」とコメントしています。

相棒のワタナベイビーさんもディランさんの授賞についてコメントを寄せました。

「ボブ・ディランさん、ノーベル賞受賞おめでとうございます。

でも『ノーベル賞』よりも『ボブ・ディラン』の方が凄いので、ご本人は「どんな気がする」のでしょう?

ps.正式な受賞コメントは、10月17日下北沢CLUB QUEのホフディランライブにて発表したいと思います」

その言葉にはボブ・ディランさんへのリスペクトがあふれています

ディランさんの授賞に絡み、フジテレビ、 NHKと2つのテレビ局の取材をうけたという「ホフディラン」。ユニットにとっても今年はデビュー20周年という記念すべき年です。

精力的にライブ活動を行っている2人にとって、ディランさんのノーベル賞はさらなる”追い風”になったかもしれません。

最終更新:10/14(金) 19:52

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]