ここから本文です

政活費不正で 県議補選きょう告示/富山

チューリップテレビ 10/14(金) 22:47配信

 政務活動費の不正による辞職などに伴う県議会議員補欠選挙が、14日、告示されました。

 欠員1の富山市第1選挙区と欠員2の高岡市選挙区は、いずれも新人3人が立候補し、選挙戦に入りました。
 また、欠員1の中新川郡選挙区には、自民党新人の亀山彰(かめやま・あきら)氏1人が立候補し、無投票で初当選しました。
 中新川郡選挙区の補欠選挙は、自民党の高平公嗣(たかひら・こうじ)氏の死去に伴って実施されたもので、自民党新人の亀山彰(かめやま・あきら)氏が無投票で初当選しました。
 亀山氏は、立山町議で新幹線効果をいかしたアルペンルートの広域観光の発展や、人口減少問題への対策に取り組みたいとしています。
 一方、政務活動費の不正で県議1人が辞職した富山市第1選挙区には、欠員1に対して、新人3人が立候補しました。
 届け出順に、日本(にっぽん)維新の会新人の京谷公友(14日たに・きみとも)候補、政治団体「怒(いか)る県民の会」新人で、社民党県連、共産党県委員会自由党県連が推薦する、星野富一(ほしの・とみいち)候補、自民党新人の藤田良久(ふじた・よしひさ)候補の3人です。
 また、政務活動費の不正で県議2人が辞職した高岡市選挙区は、欠員2に対して、新人3人が立候補しました。
 届け出順に、共産党新人の高瀬充子(たかせ・あつこ)候補、社民党新人の島村進(しまむら・すすむ)候補、自民党新人の酒井立志(さかい・たつし)候補の3人です。

チューリップテレビ

最終更新:10/14(金) 22:47

チューリップテレビ

なぜ今? 首相主導の働き方改革