ここから本文です

今季プレミアリーグで最も売れているユニフォームは? “神様イブラ”を抑えて1位に輝いたのはあの男

theWORLD(ザ・ワールド) 10/14(金) 21:03配信

マンU4選手がTOP10入り

今夏の移籍市場で最も注目を浴びたリーグといえばプレミアリーグだろう。マンチェスター・ユナイテッドがサッカー史上最高額の移籍金を投じるなど、何かと注目を集めてきた。

そんな中、英『Daily Mirror』などの複数メディアが、スポーツショップ『Sports Direct』で最も売れているプレミアリーグ選手のユニフォームTOP10を発表した。

マンチェスター・ユナイテッドの超新星マーカス・ラッシュフォードが10位、EURO2016で脚光を浴びたウェストハムのディミトリ・パイェが8位に名を連ねている。そして、1位を争ったのはやはり今夏の移籍市場で注目を集めたポール・ポグバとズラタン・イブラヒモビッチで、詳細な売上枚数までは公表されてないが、神様イブラヒモビッチを抑え、史上最高額8900万ポンドで移籍を果たしたポグバが1位に輝いた。

ポグバの移籍に大金を投じたユナイテッド。8900万ポンドのうち、ユニフォームの売上でどれだけ回収できたかはわからないが、今後の彼の活躍次第でユニフォームの売れ行きも変わってきそうだ。

ユニフォーム売上ランキングTOP10は以下のとおり

1位 ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)
2位 ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)
3位 アレクシス・サンチェス(アーセナル)
4位 メスト・エジル(アーセナル)
5位 フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
6位 ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
7位 サディオ・マネ(リヴァプール)
8位 ディミトリ・パイェ(ウェストハム)
9位 エデン・アザール(チェルシー)
10位 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/14(金) 21:03

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革