ここから本文です

日本ハム4年ぶり日本S進出王手も、栗山監督「オレは何もやってない」

Full-Count 10/14(金) 22:42配信

“奇襲”打線がハマるも「選手たちがよく頑張ってくれた」と労をねぎらう

 日本ハムの栗山英樹監督が14日のソフトバンクとのCSファイナルステージ第3戦(札幌ドーム)で4-1で逃げ切り勝ちし、「オレは何もやっていない。選手たちがよく頑張ってくれた」と日本シリーズ進出へ王手をかけたナインをねぎらった。

CSファイナルも佳境…日本ハムvsソフトバンクの今シーズン対戦成績

 第2戦で9回逆転負けした流れを食い止めたかった。この日は2戦無安打だった田中賢を「9番・二塁」でスタメン起用。2番に中島、5番に近藤を置き、レアードを7番から6番へ昇格させた。試合前に「今までやったことのない打線」と言った“奇襲オーダー”が、いきなり火を噴いた。

 初回。1番・西川が11球粘って四球を選ぶなど、2死一、三塁の先制機を生んだ。すると、5番に抜擢された近藤が、ソフトバンク先発・千賀の初球153キロ直球を左前へ打ち返す先制打を放った。さらに、7番から6番へ昇格したレアードは、2死一、二塁から甘く入ったフォークをジャストミート。左翼席中段へ飛び込む2試合連続の2号3ランを放った。いきなりの4得点で試合を優位に進めることに成功。試合後、栗山監督は攻撃の起点となった西川を絶賛した。

「本当に(西川)遥輝のアプローチが素晴らしかった。うまく投げさせてスタートできた。あの打席が大きいし、素晴らしい。本人も『1打席で試合を支配できる』と感じたのでは。ワンチャンスしかないと思っていた。レアードもよく打ってくれた」

7回1失点でCS初勝利の有原に「大舞台で自信になる。どうしても勝たせたかった」

 2年目の有原はCS初先発。3回1死から中村に右越え1号ソロを許したが、カットボール、チェンジアップで強力打線をかわし、7回5安打1失点でCS初勝利を挙げた。有原の見せた好投に、指揮官は「探り探りだったが、よく頑張ってくれた。シーズンでも苦労してきたが、大舞台で自信になる。どうしても勝たせたかった」と喜んだ。

 お立ち台に上がった有原、近藤、レアードが「明日決めます!」と声を揃えたが、栗山監督は表情を引き締める。

「最後の1つが難しい。簡単にはいかない。きちんとした野球をしないといけない。体ごと全力で。気持ちだけは勝っていく」

 チームを大きく動かし、4年ぶりの日本シリーズ進出へ王手。勢いのまま自身初の日本一への挑戦権をつかみたいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/14(金) 22:42

Full-Count